1-5-1-3-5-1のボイシングは基本よ

本日、体験レッスンに来たOくん

暑い中来てくれてありがとう!

 

まさか

スターダムのファンで

同じKAIRIファンだとは・・

kana chan TVまで見ているとは驚きました

 

おかげさまで

僕も楽しい時間を過ごさせて貰いました

 

体験レッスンを受け付けていると

同じ趣味を持つ同士に出会うことがしばしばありますね

 

【音楽】とか【スポーツ観戦】とか

範囲の広い趣味なら被る確率は高いですが

ものすごく限定的な趣味だと

同士に偶然巡り合うことは稀有です

 

僕は細々した趣味がいくつもあるので

またいつの日か同士に巡り合う日が楽しみです

 

ところでO君

やっぱりDTMをやるのであれば

多少なり楽器が弾けた方が良いですよ

 

独学で3和音を弾けるようになった精神は素晴らしです!

今後、転回・オープン・クローズなボイシングに進化させていくべきですが

 

アコギを打ち込みたいのであれば

とりあえずは

1−5−1−3−5ー1のボイシングが良いですよ♪

 

基本中の基本スキルなので、覚えて損はありません

 

例えばCトライアド

ただのトライアドだと汎用性が低いですね

「the コード」というか

「the アカデミック」というか

 

一番ナンセンスなのが

左手でこれを押さえてしまうこと・・

なるべく避けましょう!

 

例えば

キーボードを使ってアコギを打ち込みたいのであれば

こんな感じに

左で【1−5−1】 右で【3−5−1】

このボイシングで分散させると良いでしょう

 

これを小指をずらして

【add9】にしたり

【M7】にしたり・・

と応用すれば良いですね

 

Fコードならこんな感じになります

 

最初のうちはアルペジエーターなどのアシスト機能を使うと良いです

 

細かな解説は、今日のレッスン時にやったことを思い出してくれれば大丈夫

 

 

・・と

特定の人に宛てた内容になってしまいましたが

ポップスピアノや弾き語りの際にも重宝する押さえ方です

 

簡単な3和音から脱却したいと悩んでいる方は

参考にしてみて下さい

 

大切なのは

楽譜の通りに和音を押さえるだけでなく

今自分が押している和音は、【どこに何番があるのか?】

常にディグリーネームを意識してあげる

ボイシングの捉え方が飛躍的に上達します

 

闇雲に練習するのではなく

鍵盤上に数字を用いてみる という意識を取り入れることで

ビギナーから脱却する第一歩となるでしょう♪

 

best of luck!

&  insane elbow!!

 

 

♯体験レッスン ♯jazzpiano ♯popspiano ♯弾き語り ♯DTM ♯作曲 ♯キーボード

♯音楽教室 ♯板橋区音楽教室  ♯池袋音楽教室